教室比較で最短合格!小学校受験に強い教室を徹底比較!

三角の画像
ホーム > 小学校受験成功のポイント > 面接の際の服装について

面接の際の服装について

小学校受験の面接での服装は基本的に濃紺のスーツを着るようにします。あくまでも受験の主役は子どもになっています。お母さんは目立ちすぎないようにして知的で優しく清楚な印象を持たれるようにすることです。そこでスーツのデザインは自分に合った物を選ぶようにします。
丸みの帯びた襟元や生地と同色のボタンそして体のラインが出すぎない物を選ぶ事が良いとされています。入学や卒業式でも使いまわすことができるようにワンピースやボレロそしてジャケットなどを合わせると素敵です。
しかし、パンツスーツはNGになっています。校長先生や教頭先生や年配の先生方が面接官になることが多いです。そこで年配の方はパンツスーツだと正装でなくカジュアルな印象を持たれている方もいます。そこでパンツスーツよりもスカートやワンピースがお勧めです。

次にしわにならないような素材を選ぶようにします。待機時間が長いから座っている時間が長くなります。そこでスーツにしわができてしまったり、よれたりしてしまいます。するとだらしない印象を与えることになります。そこでしわになりにくい素材のウールなどがお勧めになっています。
そしてスカートの丈には注意しなければいけません。椅子に座ると向かいには面接官がいます。その時に膝が丸見えにならないような物を選ぶ事です。特に背が高い方は注意する必要があります。
そして小物もきちんとスーツに合った物を選ぶようにします。受験用スーツを合わせる小物は高級ブランドである必要がありません。
ブランド名がはっきりとわからないシンプルな黒のハンドバッグや革素材の黒パンプスそしてベージュのストッキングが定番になっています。当日は意外と荷物が多いから黒や濃紺のサブバッグが必要になってきます。サブバッグも床に置くことを想定して自立型のサブバッグを選ぶようにします。スリッパも黒か濃紺のシンプルな物を選ぶといいかもしれません。

清楚で控えめなスーツを選ぶようにします。ワンピースはベーシックで誰から見ても好感をもたれるようなデザインになっているからお勧めです。
購入する場所は百貨店に行くと高級な物が多くて10万円以上になってしまいます。そこでネット通販を利用すれば1万円ぐらいのスーツを見つけることができます。
面接以外でも着まわしをすることができるから便利です。とてもおしゃれで素敵なデザインがあるのでネットを使って通販を利用して探してみるべきです。