教室比較で最短合格!小学校受験に強い教室を徹底比較!

三角の画像
ホーム > 小学校受験成功のポイント > 小学校受験は親も対策をしないといけない

小学校受験は親も対策をしないといけない

子供の将来を考えて小学校受験をさせようと考えている親が多くいると思われます。
公立の学校は勉強ができない子にも配慮しながら学習を進めていくので、勉強ができる子には物足りないと言わざるを得ません。
やはり小学校からレベルの高い教育を受けさせることをおすすめします。
そこで、小学校受験を成功させるためのアドバイスがあります。
子供もしっかり対策を講じないといけませんが、親も面接の対策をしないといけません。
子供が頑張って高い評価を受けていても、親の面接の出来が悪くて不合格となったケースは少なくないので、想定される質問に対する答えを繰り返し練習しておくべきです。
親が子供の足を引っ張ってしまうのは最悪です。
質問に対する答えだけでなく、言葉遣いなどのマナーにも気をつける必要があります。
父親は仕事で忙しいと思われますが、子供の将来のためなので頑張って対策をしてください。



学校別に対策を行い小学校受験準備

幼稚園の頃から小学校入学へ向けた受験を準備する人が増えていますが、受験をする学校に応じた受験対策が重要となりますので、まずはどの学校を受験するのかを明確にしてみましょう。
塾や家庭教師等で小学校受験対策を実施している事も多く、受験する学校によっては対策すべき内容が異なります。
科目から面接対策まで幅広く対策が出来る場所を選択しておきましょう。
時には学校の授業とは全く違う内容を学ぶ必要がありますが、塾や家庭教師を使って効率的に学びを得ると良いでしょう。
学校によっては親も含めた面接が実施される場合もありますので、親も子供と同様に面接対策を練習しておき、子供と一緒になって受験対策をすると良いでしょう。
いくつかの塾や家庭教師を比較し、希望とする学校の受験対策が可能なのか事前に確認しておく事をお勧めします。



小学校受験から感じる事、考えさせられる事

昔であれば、小学校・中学校は公立で、高校に上がる時、初めて「受験」というイベントに出会う事が多かったように感じますが、お受験と叫ばれてから久しく、小学校受験も当たり前の世の中になりました。
小学校から受験させる事に関して、賛否があるようですが、個人的には反対です。
なぜなら、子供は「遊ぶのが仕事」という考えからです。
受験を通して勉強をする事で学ぶ事も多いでしょう。
しかし、ひいき目に見ても人によって作られた問題を解くという状況には変わりありません。
一方、遊ぶというのは一つの問題を解くだけでなく、どうやって遊ぶのかや、友達と遊ぶ事による人間関係など多くの事を学べます。
また、日常的な遊びを通して学んだ出来事の方が、後々、その子供の人生において役に立ち、記憶にも残り、豊かな生活の礎になるのではないでしょうか。
人生は一度きり、遊べるうちに遊んでおくのが良いと感じます。

次の記事へ