教室比較で最短合格!小学校受験に強い教室を徹底比較!

三角の画像
ホーム > 小学校受験成功のポイント > 小学校受験は、親の日頃の教育が合否のカギです

小学校受験は、親の日頃の教育が合否のカギです

小学校受験は、親子面接・行動観察・実技・ペーパーテストなどを組み合わせて実施されます。
ペーパーテストでは、同じ絵を探させたり、数を数えさせたりと国語系や算数系の出題が多いですが、その問題形式は多岐にわたります。
また、行動観察では、グループで協力して何か課題をさせる中で、注意力や協調性があるかやリーダーシップを発揮してまとめられるかなどといった特性を見られます。
また実技では、基本的な運動能力があるかや絵画を制作させて表現力を見られます。
また、親子面接では子どもに対して簡単な質問が行われるほか、親に対しても子どもの日頃の態度や子供の将来について質問されることもあります。
小学校受験は親の受験と言われるのは、日頃の子どもに対するしつけや教育方針などが幼い子どもの性格や特技を形成するのに重要な役割を果たすからです。



小学校受験をする上で必要な勉強

高校受験や大学受験は一般的ですが、小学校も私立や国立に行きたい場合は受験をしなければなりません。
小学校受験は一般的に「お受験」と言われます。
お受験に向けた勉強法は子供の様子や興味の示し方によって変わってきてしまいますが、頭で考えるよりも視覚的に見せてあげた方が効果的です。
小学校受験する子供の年齢を考えると論理的に考えることはまだ難しく、たくさんやってもなかなか成果は見えにくい場合があります。
しかし、視覚や聴覚など感覚的なものに対してはやればやるほど理解を示し成果として見えやすいことも多いです。
また、小学校受験に向けた勉強としては子供のだけに頑張られようとはせずに親子で取り組むことが大切です。
お父さん、お母さんと時間や行動を共有することでいい刺激となり子供の発達を促すことに繋がります。
したがってお受験に向けた勉強を始めるときは親子で実際にものを使ったり音声を使いながら取り組むことが大切です。



子供の将来のための小学校受験の選択

小学校受験が最近話題になってきています。
とくに都会では小学校受験ができる学校があるので、子供の将来のために受験を考える親も環境的にも利用す安いということもあります。
受験に合格できる資質があり、将来のためになるということでは、その道を選ぶことも親子共に幸せになる道のひとつかもしれません。
受験をする場合には、年齢から考えても、子供が積極的に選ぶということではなく、親が選ぶということになります。
そうなると準備をする場合も、親が準備をしますので、親の負担が大きくなります。
親の準備が重要になるわけです。
受験の準備は早ければ早いほど良いということですし、子供の可能性を考えても、同じことが言えます。
子供を社会に有利に巣立ちさせるということから考えて、選ぶということも必要です。
より有利な条件で巣立ちをさせるということも親の責任だからです。
将来の子供の成長も考えて選ぶということが必要になります。

次の記事へ